...
...
...
...
...
...

by

items

items

UserName

クラパカ docs(ヘルプ)は、旧バージョンのクラパカの情報が掲載されています。新しいバージョンの説明は現在製作中です

評価(フィードバック)について

評価とは、取引などを行って、他のユーザーから得たユーザーへの客観的な評価です。

評価は、クラパカ上での実績であり、財産となります。多くの良い実績を持っていることは、安心して取引できるということであり、高く信頼してもらえるでしょう。

fig

評価ページで表示される各情報は、次の意味を持ちます。

  • 評価スコア

    ユーザーの総合評価指数です。
    この数値が高いほど、ユーザーは沢山の取引を行い、多くの良い評価を受けている実績となります。
    逆に、この数値が低いほど、多くの取引相手から悪い評価を受けていることになります。

    評価スコアの算出は、評価したユーザーごとの最新の評価を 累計して 集計されています。

    また、同一アカウントから複数の評価を受けても、最新の評価のみ が適用されるため、同一人物からの(または同一人物への)評価は、複数あってもスコアに反映されるのは 1 件分です。(イタズラ、故意の評価など、不正評価を防止するためです)

  • 良い・ふつう・悪い評価

    評価スコアの元となる、過去の評価履歴のうち、それぞれの評価の数と割合です。

シンプルには、全体からユーザーの信頼性を共有するために、客観的に評価されるためのペナルティとして必要なため、必ず悪い評価が入るようになっています。

多くの個人間取引サービスでは、キャンセルをした場合、必ずキャンセルを求めた側に、悪い評価がフィードバックされます。これには、次の理由があります。

  • 取引相手に対して手間や、場合によっては損害(受注製作などの場合の制作費などの実損害や、出品・注文に対応する時間などの精神的損害等)を与える場合があり、それらを含めた「いたずら防止」をするため、ユーザーの行動に対する信頼性を判断するものとして「悪い評価が入る」ことになっています。
  • ケースによっては、注文した人が、悪意のないミスによって注文をしたと思い、恩赦として悪い評価をつけずに取引をキャンセルとしたい場合があります。 しかし、出品者側からの恩赦とは別に、その注文者が本当に悪意のないミスなのか明確に判断することは不可能です。
    また、悪意が無くても適当に注文して気分次第でキャンセルを望んでいるかもしれませんし、それを常習しているかの判断もできません。あるいはキャンセルを日常的に行なっている場合もあり、それは他の出品者にも迷惑をかける行為となっているかもしれません。

    このような事から、注文した人が繰り返しキャンセルをしているか、あるいは稀にミスでキャンセルしたのかを客観的にすべての取引相手が判断する材料として評価があり、そのための指標として必ず「悪い評価が入る」事になっています。

キャンセルした場合、悪い評価が入るのは、キャンセルを求めた側のみです。

go top

©2011-2014 Crapaca by DESIFIX PRODUCTION., All Rights Reserved.