...
...
...
...
...
...

by

items

items

UserName

フォトエッセンス 入門・写真マスター講座 (4-2) ~使用するカメラで変わる、画角

publisher avatar

Posted by Velvia

2013年7月4日 公開

使用するカメラで変わる、画角

焦点距離・画角については、前節「焦点距離と、画角を知る」を参照ください。

画角のおさらい

画角は、レンズと焦点距離(撮像センサーまでの距離)に比例して変化する、写る視野角でした。

上図のように、焦点距離が短い(上の例では 35mm)と画角が 64°と広く、焦点距離が短い(上の例では 70mm)と画角が 34°と狭くなりました。


画角は、カメラの
撮像センサーの大きさでも変わる

上図で気づいた方もおられるかも知れませんが、画角は、焦点距離と撮像センサーの横幅で決定する ということが重要です。

図のように、同じ焦点距離 35mm でも、撮像センサーの横幅が変わると、画角も変化します。そのため、あなたのカメラに入っている撮像センサーの大きさ次第で、焦点距離ごとの画角は異なるのです。

あなたのカメラの撮像センサーは、どの大きさでしょうか? ミラーレスや一眼レフカメラの場合、「35mm 判フルサイズ(FX フォーマット)」や「APS-C判(DX フォーマット)」や「マイクロ・フォーサーズ(またはフォーサーズ)」といった種類の大きさの撮像センサーであることが、カメラに書いてあります。(わからない場合は、カメラの説明書や仕様書を確認ください)

コンデジの場合、コンデジの説明書や仕様書に、レンズ性能として「例えば、4.5~54.0mm(35mm 判換算 25~300mm 相当)」などと書かれているはずです。※カメラ内蔵携帯電話でも、必ず書かれています。

コンデジやミラーレス、APS-C判撮像センサーを持つ一眼レフカメラは、カメラ本体やレンズの説明書・仕様書に、「35mm 換算」と書かれたもうひとつの焦点距離が書かれています。

一般的なカメラ解説本などは、伝統的に「35mm 判撮像センサーの焦点距離に対する画角のみ」が紹介されており、35mm 判撮像センサー以外の撮像センサー(コンデジや、APS-C判の撮像センサーなど)は、一度「35mm 判撮像センサーの焦点距離に変換して、その焦点距離の画角がどの程度かを考える」のが一般的です。

説明書や仕様書に、「例えば、4.5~54.0mm(35mm 判換算 25~300mm 相当)」などと明記されているのであれば、自分で計算する必要なくそのレンズの画角が、35mm 判撮像センサーでの 25~300mm に相当する画角であるとわかります。

そのような 35mm 判換算値が明記されていない場合は、焦点距離を APS-C 判撮像センサーなら 1.5 倍(キヤノン製に限り 1.6 倍、ペンタックス製に限り 1.53 倍)、フォーサーズ(マイクロ・フォーサーズ含む)なら 2.0 倍、1/2.5 インチ撮像センサーなら 6.0 倍すれば 35mm 判撮像センサーの画角を得られる焦点距離に換算できます。
このような倍率を、「35mm 判相当換算倍率」と呼びます。

実際に換算して画角を得てみましょう

それぞれの撮像センサーの換算倍率はわかりましたので、実際に換算してみましょう。

ここでは、例として、フォーサーズ撮像センサーを持つカメラ(Panasonic 製 または OLYMPUS 製ミラーレスカメラ)の 25mm レンズの画角を計算してみます。
計算には、下記の表(35mm 判における焦点距離と画角)を参考にしてください。

35mm 判における焦点距離と画角

焦点距離 (mm)

18

24

28

50

画角

100°

84°

75°

47°

焦点距離 (mm)

70

90

200

400

600

画角

34°

27°

12°

(※デジタル一眼レフ用・端数捨て)

①換算したい焦点距離は、25mm です。

②フォーサーズ撮像センサーの換算倍率は 2 倍ですので、換算したい焦点距離 25mm を 2 倍にして、50mm を得ます。つまり、フォーサーズの 25mm は 35mm 判の 50mm に相当することがわかりました。

③35mm 判の 50mm の焦点距離の画角を調べ、画角が 47° とわかったので、フォーサーズの 25mm の画角は、47° とわかりました。

©2011-2014 Crapaca by DESIFIX PRODUCTION., All Rights Reserved.